株式会社プレス技術研究所

|日本語|English|繁体中文|

レベラー

プレス加工製品の精度を向上と金型費用の低減に貢献いたします。


精密レベラーを使用する事によりプレス製品の不良品が出来る原因を解決する事ができます。
これは材料が精密レベラー内にある13本以上の上下に配置されたローラー間を通過させる事により、その材料の断面内部に塑性変形が起こり機械的性質の均一化、残留応力分布の細分化による減少、平坦性の改善、表面加工効果が得られるからです。
これにより製品の湾曲・タオレ・コロビの状態の発生や曲げ角度・寸法のバラツキが解決でき、不良品の低減を行う事ができます。またこの事により今まで品質を安定させるために金型を調整していた回数も少なくなり、倒れやコロビによる金型の偏り磨耗も減少する事で、金型寿命も大幅に向上します。
標準タイプ
精密材料のレベリング加工や矯正に貢献いたします。
 

 
省スペースタイプ
精密レベラーをコンパクトにしたタイプです。
今まで設置が難しかったスペースにも設置可能。
高剛性タイプ
薄板から厚板までの精密材料のレベリング加工や矯正に貢献します。
特殊配列タイプ
異形ローラーにより、水平に圧下しても広範囲の材料を矯正できます。